記事一覧

洗練を極めるスポーツシック。インテグレイテッドブレスレットとノッチドベゼルを備えた「チューダー ロイヤル」

スーパーコピー 代引きロイヤルの名が初めて冠されたのは1950年代のこと。類まれなる品質がその名の所以なのだ。インテグレイテッドブレスレットをはじめとする一切の妥協を許さないスポーツシックなデザインはその揺るぎない哲学の象徴といえるだろう。そう、クラシックとスポーツという異なる要素が出会ったのである。

スーパーコピー 代引き

TUDOR ROYAL IS #BORNTODARE
 1926年の誕生以来、チューダーはいつの時代も価格を超える価値を持つ腕時計を生み出し続けてきた。今も昔も変わることのないその挑戦的な使命は、創立者であるハンス・ウイルスドルフのビジョンそのものである。先見の明を持ち、防水性能、機械式自動巻きムーブメントを備えた類まれなる腕時計を生み出したハンス。その完璧ともいえるツールウォッチとしての性能をより多くの人に知ってもらうために、チューダーは誕生したのである。チューダー ロイヤルはまさに妥協を許さぬ彼の信念を体現している。屈強な316Lスチールがケースに使用され、ケースバックとリューズは100mの防水性能を保証する。また細部に至るまで緻密に作られたスイス製の機械式ムーブメントは、性能はもちろんのこと仕上げに至るまで美しい。そしてクラフツマンシップを感じさせる5列リンクのブレスレットのデザインには一部の隙もないのである。これらすべてはチューダーが掲げる常に挑戦し続ける姿勢、#BornToDareの精神のもとで生まれたのだ。

TUDOR(チューダー) 2020新作 洗練を極めるスポーツシック。インテグレイテッドブレスレットとノッチドベゼルを備えた「チューダー ロイヤル」
SPORT-CHIC WATCH WITH INTEGRATED BRACELET
 チューダー ロイヤルが持つエレガンスは一言では語れない。細部に至るまでのこだわりはロイヤルならではの特徴である。交互に施された仕上げと彫りが入れられたカットが極めて美しいノッチドベゼル、ケースからそして途切れることのないラインを描くインテグレイテッドブレスレット。サイズ違いでサテン仕上げとポリッシュ仕上げが交互に施されたブレスレットの表面は非常に滑らかで、エッジには手首に置いたときに快適であるように処理が施されている。滑らかなフォルムに確かなものを感じさせ、イエローゴールド製で4つのサイズが展開されるチューダー ロイヤル。それはあらゆるスタイルや手首のサイズにフィットするとともに、41mmのモデルには日付表示に加え、曜日表示機能が搭載された。(2020年現在 日本展開未定)


SPORT-CHIC WATCH WITH REFINED DIALS
 チューダー ロイヤルを彩るのは様々なダイアルカラー。ブラック、シルバー、そしてブルー。中心から美しく放射線状に仕上げを施すことで、光は美しく反射する。またマザーオブパールのダイアルにダイアモンドがあしらわれたフェミニンなダイアルも展開。それらのダイアルにローマ数字を施すことで、完璧なスポーツシックが完成した。


日本展開モデル(2020年内 発売予定)
41mmスチール製ケース 曜日・日付表示付き ブラック、シルバー、ブルーダイアル スチール製ブレスレット
38mmスチール製ケース 日付表示付き ブラック、シルバー、ブルーダイアル スチール製ブレスレット
28mmスチール製ケース 日付表示付き ブラック、シルバー、ブルーダイアル スチール製ブレスレット

TUDOR ROYAL
チューダー ロイヤル
Ref:28600
ケース径:41mm
ケース素材:スチール(ポリッシュ&サテン仕上げ)
防水性:100m(330ft)
ストラップ:一体化された316Lスチール製5列リンクブレスレット(サイドリンクとセンターリンクはサテンブラッシュ仕上げ、中間リンクはポリッシュ仕上げ)、フォールディングクラスプ&セーフティキャッチ付
ムーブメント:自動巻き、Cal.T603、約38時間パワーリザーブ
仕様:時・分・秒表示、日付表示(3時位置)、曜日表示(12時位置)、ノッチの入った316Lスチール製ベゼル、スチール製スクリュー式リューズ、秒停止機能による正確な時刻設定、サンレイ仕上げのブルーダイアル
予価:228,000円(税抜)

TUDOR(チューダー) 2020新作 洗練を極めるスポーツシック。インテグレイテッドブレスレットとノッチドベゼルを備えた「チューダー ロイヤル」
TUDOR ROYAL
チューダー ロイヤル
Ref:28500
ケース径:38mm
ケース素材:スチール(ポリッシュ&サテン仕上げ)
防水性:100m(330ft)
ストラップ:一体化された316Lスチール製5列リンクブレスレット(サイドリンクとセンターリンクはサテンブラッシュ仕上げ、中間リンクはポリッシュ仕上げ)、フォールディングクラスプ&セーフティキャッチ付
ムーブメント:自動巻き、Cal.T601、約38時間パワーリザーブ
仕様:時・分・秒表示、日付表示(3時位置)、ノッチの入った316Lスチール製ベゼル、スチール製スクリュー式リューズ、秒停止機能による正確な時刻設定、サンレイ仕上げのブラックダイアル
予価:223,000円(税抜)

TUDOR(チューダー) 2020新作 洗練を極めるスポーツシック。インテグレイテッドブレスレットとノッチドベゼルを備えた「チューダー ロイヤル」
TUDOR ROYAL
チューダー ロイヤル
Ref:28300
ケース径:28mm
ケース素材:スチール(ポリッシュ&サテン仕上げ)
防水性:100m(330ft)
ストラップ:一体化された316Lスチール製5列リンクブレスレット(サイドリンクとセンターリンクはサテンブラッシュ仕上げ、中間リンクはポリッシュ仕上げ)、フォールディングクラスプ&セーフティキャッチ付
ムーブメント:自動巻き、Cal.T201、約38時間パワーリザーブ
仕様:時・分・秒表示、日付表示(3時位置)、ノッチの入った316Lスチール製ベゼル、スチール製スクリュー式リューズ、秒停止機能による正確な時刻設定、サンレイ仕上げのシルバーダイアル
予価:212,000円(税抜)

ジャガー・ルクルトが新作「ジャガー・ルクルト ポラリス・マリナー・メモボックス」発表を記念し、ベネディクト・カンバーバッチとの新作動画を発表

新たにダイビングウォッチであるジャガー・ルクルトスーパーコピーブランド ポラリス・マリナー・メモボックスの発表を記念し、フレンド・オブ・メゾンを長年務めるベネディクト・カンバーバッチとコラボレーションをして制作した短編動画『In A Breath』を発表します。この動画でベネディクトは、彼が長い間実施している瞑想とダイビングの類似点、そして、その両者が私達の時間感覚に与える影響を描いています。

スーパーコピー 代引き

動画は、ニュージーランドのラキノ島の神秘的な原野で撮影されました。動画では、呼吸と時間の関係、瞑想とダイビングによってもたらされる意識の変化、そして、瞑想とダイビングによってもたらされる自然との深い繋がりを捉えています。

ダイビングでは、瞑想と同様に呼吸に集中します。時計のムーブメントが時を刻むように、一定の早さでリズミカルに行います。呼吸を意識することで自分自身と向き合い、心を平穏にすることが可能となり、また、感性が鋭くなり、海洋の不思議に対する感動や海洋への感謝、海洋との一体感などが得られます。多くのダイバーがダイビングで心の底から感じた感覚について述べています。例えば、無重力状態や静寂の感覚、現代生活の“雑音”がない世界、スペクトラムの中で最も心を落ち着かせる青色の世界に包まれたことなどです。

ベネディクト・カンバーバッチは、瞑想は「心の平静、他との繋がり、生きていること」の感覚をもたらすと述べています。「自分の心の中で実際に起きていることと再び繋がったとき、静かな空間に自分を置いたとき…人生の悩みごとから自分自身を引き離すことができます。あなたはその場に座り、ひたすら“現在”に集中します。そのことがパフォーマンスのゾーン状態に入るための目的でもあります。そのパフォーマンスが、運動や活動、創作や芸術の瞬間のいずれにおいてもです。あなたは ゾーン状態に留まっていたいと同時に、そこから離れたい、そして繋がりたいと感じます。」

動画で描かれているように、水中では外部から邪魔するものはありません。ダイバーは、空間を漂っているように感じ、現世界の感覚をすべて失います。その瞬間と自身を取り囲む世界だけに集中するので、時間の基準は自分の呼吸と手首の時計だけです。

JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト) ジャガー・ルクルトが新作「ジャガー・ルクルト ポラリス・マリナー・メモボックス」発表を記念し、ベネディクト・カンバーバッチとの新作動画を発表
ジャガー・ルクルト ポラリス・マリナー・メモボックス

新しいジャガー・ルクルト ポラリス・マリナー・メモボックスの堅牢性と独特なデザインは、はっきりとジャガー・ルクルトの最初のダイビングウォッチにオマージュを捧げています。機能を高め、ISO6425規格であるダイビング仕様を完全準拠し、300m (30気圧) の防水性を備えます。グラデーションブルーのダイヤルの同心リングが、スポーティーで現代的な美しさを演出。自動巻ムーブメント キャリバー956は、ジャガー・ルクルト初のアラームウォッチ用自動巻キャリバーの直系です。 ジャガー・ルクルト ポラリス・マリナー・メモボックスは、サファイアクリスタルのシースルー ケースバックを可能とした新デザインのペリフェラル・ゴングを搭載。また、ジャガー・ルクルトのアラームウォッチの魅力である、特徴的な“スクールベル”アラーム音も変わらず採用されています。

現代美術家 宮島達男とブルガリのコラボレーションによる日本限定モデル、ブルガリ「オクト フィニッシモ 宮島達男 日本限定モデル」コレクションが登場。

現代美術家 宮島達男とブルガリのコラボレーションによる日本限定モデル、ブルガリスーパーコピー 代引き「オクト フィニッシモ 宮島達男 日本限定モデル」コレクションが登場。

スーパーコピー 代引き

ブルガリと日本の間には特別な繋がりがいつも存在しました。“bello e ben fatto (美しいもの、巧みに作られたもの)”を讃え、卓越したものを伝える日本とブルガリの出逢いにより、多くの偉業を成し得てきました。その中で音楽家や画家など日本人芸術家とのコラボレーションを通じたいくつかの限定モデルのオクト フィニッシモが誕生しました。このたび、ブルガリは世界で活躍する現代美術作家、宮島達男氏を迎え、「ブルガリ オクト フィニッシモ 宮島達男 日本限定モデル」コレクションを発表しました。

 宮島達男氏は、「それは変化し続ける」「それはあらゆるものと関係を結ぶ」「それは永遠に続く」という3つのコンセプトに基づき、1980年代より1から9までの数字が変化するLED(発光ダイオード)のデジタルカウンターを使用したインスタレーションや作品の創作を行っています。作品のモチーフであるデジタル数字は、0が表示されず1から9の変化を永遠に繰り返すことで人間にとって普遍的な「生」と「死」の循環や、時間やライフサイクルの永遠性、連続性を示唆しています。「オクト フィニッシモ 宮島達男 日本限定モデル」 コレクションは、宮島氏とブルガリのクリエイティブな協同作業により生まれた唯一無二のプロダクトです。このタイムピースは、チタンやセラミックで作られています。ミニマルで洗練されたデザインは、宮島氏の作品のアプローチと同じ思想を基盤とするものです。

 宮島達男氏は次のように述べています。
「人類は、自然界には存在しなかった『数』を発明したと言われている。数を数えられるようになり、昨日や明日、10日後などの日数の区別がつき、人はついに『時間』を認識するようになった。今回のOCTOデザインでは、この根源的な『数』をモチーフに、私がいつも作品で使用する7セグメントのデジタル数字を文字盤に配置した。この7セグメントのデジタル数字は、7つのパーツ1組でありながらしかも、1-9までの全ての数字を表現できる。今回、自動巻きモデルでは、そのデジタル数字をブラックとグレーの地の上に、型押ししてある。見る人が様々に変化する数字を自由に連想できるように特定の数字や色に言及せず数字の型のみを表した。またミニッツリピーターモデルでは、文字盤をデジタル数字で切り抜き中のムーブメントを覗き見えるようにしてある。時計のメカニックとデジタル数字とのダイレクトな関係性から変化する数字を連想してもらいたい。いずれにしても、これら『7セグメントのデジタル数字』と『時』の関係に思いを馳せ『腕にある無限の時間』を感じてもらいたい」

スーパーコピー 代引き

八角形の優美で幾何学的なフォルムを持つ「オクト」は、ラテン語で8を意味し、ヨーロッパでは無限大・永遠・再生の象徴とされ、アジアでも縁起の良い数字とされています。今回のコラボレーションでも「8」をデザインのシンボルとして取り入れ、宮島氏の作品のコンセプトでもある「永遠性」がリンクし、シンプルな中にも「8」の数字が持つ力強いメッセージが込められています。

「オクト フィニッシモ 宮島達男 日本限定モデル」 コレクションは、チタン、セラミック製ケースの自動巻きモデルをそれぞれ120本限定、ミニッツリピーターを3本限定で2021年11月より順次発売されます。


宮島達男
現代美術家
1986年 東京藝術大学大学院修了。1988年 ヴェネツィア・ビエンナーレ、新人部門に招待され、デジタル数字を用いた作品で国際的に注目を集める。以来、国内外で数多くの展覧会を開催。世界30カ国250か所以上で作品を発表している。1997年 ジュネーブ大学コンペティション優勝。1998年 第5回日本現代芸術振興賞受賞。
1998年 ロンドン芸術大学名誉博士授与。2006-2016年 東北芸術工科大学副学長。2012-2016年 京都造形芸術大学副学長。代表作に「メガ・デス」など。また、長崎で被爆した柿の木2世を世界の子どもたちに育ててもらう活動「時の蘇生・柿の木プロジェクト」も推進している。
アーティストサイト:tatsuomiyajima.com

スーパーコピー 代引き
オクト フィニッシモ 宮島達男 日本限定モデル チタニウム
Ref:SAP103569
ケース径:40mm
ケース厚:5mm
ケース素材:チタニウム(サンドブラスト加工)
防水性:30m
ストラップ:チタニウム(サンドブラスト加工)、フォールディングバックル
ムーブメント:自動巻き、Cal.BVL138、毎時21,600振動、約60時間パワーリザーブ
仕様:時・分・スモールセコンド表示、数字の“8”をレーザーテクスチャリング加工したチタニウム製ダイアル、宮島氏のサインがプリントされたシースルーバックケース
限定:日本限定120本
価格:2,024,000円(税込)
発売予定:2022年1月

スーパーコピー 代引き
オクト フィニッシモ 宮島達男 日本限定モデル セラミック
Ref:SAP103563
ケース径:40.0mm
ケース厚:5.5mm
ケース素材:セラミック
防水性:30m
ストラップ:セラミック、フォールディングバックル
ブルガリコピー 代引きムーブメント:自動巻き、Cal.BVL138、毎時21,600振動、約60時間パワーリザーブ
仕様:時・分・スモールセコンド表示、数字の“8”をレーザーテクスチャリング加工およびPVDコーティングを施したセラミック製ダイアル、宮島氏のサインがプリントされたシースルーバックケース
限定:日本限定120本
価格:2,211,000円(税込)

2023新作 ベゼルで操作する世界初のクロノグラフ。「モンブラン 1858 アンヴェイルド タイムキーパー ミネルバ」

2023新作 ベゼルで操作する世界初のクロノグラフ。「モンブラン 1858 アンヴェイルド タイムキーパー ミネルバ」

スーパーコピー 代引き

モンブランブランド コピーが2023年の新作として、ミネルバ時計製造の165周年と、初のリストウォッチ クロノグラフ ムーブメントの誕生100周年を祝福して、ベゼル作動式のクロノグラフ機能を搭載した、予想できなかったようなタイムピース、「アンヴェイルド タイムキーパー ミネルバ」を発表しました。1923年の歴史的なキャリバーに基づいた、伝統的なミネルバのデザインコードと時計製造の仕上げをすべて引き継ぎながらも、非常にアヴァンギャルドなクロノグラフになっています。観察力の高い方なら、クロノグラフのプッシャーが存在しないことにすぐにお気づきになり、ではこのクロノグラフはどのように機能するのか? という疑問を持たれることでしょう。

 新しい機械機能のおかげで、アンヴェイルド タイムキーパー ミネルバ クロノグラフは、そのエレガントなAu750ゴールド製溝付きベゼルで作動します。これは、ヴィルレのマニュファクチュールで新たに製造されるすべてのタイムピースを定義づける機能です。クロノグラフの従来の作動方法が進化し、ベゼルを一度回せばクロノグラフが開始し、2度目で停止、3度目でリセットされます。このように機能を隠すことで、歴史的なキャリバーの美しさを損なうことなく、現代のノウハウが組み込まれたコンテンポラリーなタイムピースが誕生しました。


2つの記念の年

 2023年は、ミネルバ マニュファクチュール創立165周年と、初のリストウォッチ クロノグラフ ムーブメント、キャリバー 13.20の誕生100周年を迎えます。1923年に生まれたこの歴史的なキャリバーは、2003年に、オリジナルの構造はそのまま、新しい素材と仕上げを用いて、よりコンテンポラリーになり、名前を変えてキャリバー 13.21になりました。そして2023年は、プロフェッショナル仕様のタイムキーパー製造におけるミネルバの歴史を証明するこれらの節目を祝福して、魅力的な新しいクロノグラフ機能がキャリバー 13.21に追加されました。

 キャリバー 13.20 ムーブメントの誕生からすでに100年の時を経ていますが、メゾンのクロノグラフにまつわるストーリーは、さらに過去へと遡ります。モンブランのヴィルレでの時計製造の伝統は、サンティミエ渓谷にシャルル=イヴァン・ロベールが時計工房を設立した1858年に始まりました。早くも1880年には、ヴィルレに軒を構えたミネルバ マニュファクチュールは、その精密なタイムキーパーで国際的な名声を得ていました。1909年にクロノグラフの開発を始めたミネルバは、すぐにプロフェッショナル仕様のウォッチとストップウォッチ製造における一流のスペシャリストとなり、そして2023年からちょうど1世紀前の1923年に、リストウォッチに特化した初の手巻きモノプッシャー クロノグラフが発表されました。

 それから100年の時が経った今日、モンブランは、デザイン、スタイル、専門技術を通して過去から現在へと進化させることで、ミネルバのレガシーをモンブランが受け継いでいることを示すクロノグラフ機能を発表しました。

スーパーコピー 代引き

ホワイトゴールド溝付きベゼルのストーリー

 1927年、ミネルバは、溝付きベゼルと内部カウントダウン型の回転ベゼルを生み出した最初の工房のひとつでした。その後の1939年には、外部回転式ベゼルとリセット機能を備えた最初のクロノグラフ腕時計を発表しました。

 2022年、メゾンは、この希少な外部回転式ベゼルのモデルにインスパイアされた1858 ミネルバ モノプッシャー クロノグラフ レッドアロー LE88を発表しました。過去からの主要な要素として、今回はホワイトゴールド製の溝付きベゼル、そして経過時間が読みやすいミネルバの特徴的なレッドアローが蘇りました。


モンブラン アンヴェイルド タイムキーパー ミネルバ

 新作モンブラン アンヴェイルド タイムキーパー ミネルバでは、1858 ミネルバ モノプッシャークロノグラフ レッドアローの溝付きベゼルがクロノグラフ機能に進化しており、モンブランの時計製造において初めて、特別なプッシャーを付加することなくクロノグラフの作動を可能にしました。クロノグラフ機能は、誤操作を防止する一方向回転式ベゼル(時計方向に回転)で操作します。一度回すとクロノグラフが開始し、2度目で停止、3度目でリセットされます。ベゼルは、1周回転あたり30ジャンプ/ステップが行え、これは1周の回転で10回の異なる出来事を計測できることを意味します。モンブランは、このようなシステムを開発し、複数の特許を申請した稀有な時計製造会社の一つです。

 モンブラン アンヴェイルド タイムキーパーは、2種類のリミテッド エディションでデビューします。最初のエディションは、ステンレススティール製ケース、Au750ホワイトゴールドベゼル、ブルーダイヤル、レッドアクセントが特徴です。このモデルは、キャリバー 13.20誕生100周年を称えた、100点の限定品です。2つ目のリミテッド エディションは、ライムゴールドケースに収められており、ダークグリーンのダイヤルが特徴で、より高級なリミテッドエディションとして発売されます。

 両方のタイムピース共に、1940年~1960年代のサンレイ仕上げのミネルバ クロノグラフにインスパイアされたデザインの42mmサイズのダイヤル、ルミネセントの針、ナンバー、インデックス、エレガントなサブダイヤル、タキメータースケール(1,000m、400m、200mがベース)、視認性を高めるカラーアクセントを備えています。各モデルには、マッチングカラーの交換可能なアリゲーターレザーストラップが取り付けられています。

スーパーコピー 代引き

キャリバー MB M13.21

 キャリバー MB M13.21は、2023年に100周年を記念する歴史的なキャリバー 13.20 ムーブメントの最新バージョンです。キャリバー MB M13.21は、手仕上げの手巻きムーブメントであり、パワーリザーブは60時間です。クロノグラフセコンドは、カウンターウェイトとしてミネルバの矢が装飾された対照的なカラーのクロノグラフ秒針で表示され、3時位置に30分クロノグラフ カウンター、さらに9時位置にスモールセコンドが配置されていることで、ダイヤルのバランスを保っています。


ミネルバのレガシーに敬意を捧げるケースバック

 モンブラン アンヴェイルド タイムキーパー ミネルバは、6時位置に配置された本コレクションの名前とミネルバ マニュファクチュールの設立日から始まる、ミネルバの完全なストーリーを語るケースバックで仕上げられています。内側のリングには、ミネルバ クロノグラフのストーリーの重要な年が、オリジナルのミネルバロゴの小さなスターで区切られて記されており、12時位置にミネルバの矢が装飾されています。重要な年は以下のとおりです。

1887 - 1887年7月30日にミネルバ ブランドと矢のシンボルを登録。

1908 - ポケットウォッチのための、初のマニュファクチュール クロノグラフ ムーブメント(19/9CH)を開発。

1912 - ミネルバの「V」字型のクロノグラフ ブリッジが4月10日に特許を取得。

1920 - リストウォッチのための、マニュファクチュール クロノグラフ キャリバー 13.20を開発。

1927 - ミネルバ初の溝付きベゼルおよび内部カウントダウン型の回転ベゼルを製造。

1929 - マニュファクチュール クロノグラフ キャリバー 17.29を開発(キャリバー 19/9CH の進化版)。

1948 - 黄金分割(f=1.618…)を使用したピタゴール マニュファクチュール キャリバー 48を開発。

2003 - 歴史的なキャリバー 13.20および17.29にそれぞれインスパイアされた、マニュファクチュール クロノグラフ キャリバー MB M13.21およびMB M16.29を開発。

2023 - ベゼルを使用したクロノグラフ機能を発表。

 モンブラン アンヴェイルド タイムキーパー ミネルバ リミテッド エディションを発売する今日までの、165年におよぶ斬新な時計製造がケースバックを通して称えられています。近代の時計製造において最も魅力的なクロノグラフの革新をクラシックかつエレガントな外観の中に秘め、モンブランのクロノグラフのストーリーがまだ始まったばかりであることを示しています。

最近買ったもの3連発!「フェラーリ488GTB(トミカ)」「マクラーレン720S(トミカ)」「エルメスのボウタイ」

最近買ったもの3連発!「フェラーリ488GTB(トミカ)」「マクラーレン720S(トミカ)」「エルメスのボウタイ」

ルイヴィトンコピー 代引き| ミニカーといえど、並べてみると色々な違いやメーカーの考え方の差が見えてくる |

スーパーコピー 代引き

さて、最近買ったもの3連発。

今回はフェラーリ488GTB(トミカ)、マクラーレン720S(トミカ)、そしてエルメスのボウタイ。

まずはトミカですが、これはなんとなく「ランボルギーニと、フェラーリと、マクラーレンを並べてみたくなった」ため。

なお、トミカはここ最近急速にスーパーカーのラインアップを拡充しており、フェラーリだとほかにF8トリブート、エンツォフェラーリ、ラ・フェラーリがあり、ランボルギーニだとウラカン・ペルフォルマンテのほかにアヴェンタドールSVJとウルス、マクラーレンだとスピードテールが発売されています(ほかにアストンマーティン・ヴァンキッシュも発売された)。

最近のトミカは侮れない

ぼくは一時、そのディティールの甘さを理由にトミカから(海外生産になってから急速に品質が下がった時期がある)離れていた時期がありますが、ここ最近はそのクオリティが上がってきたこともあってトミカにカムバック。

さらに最近のトミカは「スケール」も気にするようになり、外箱にはスケール表記もなされるようになっています(今回購入したフェラーリ488GTB、マクラーレン720Sは1/62スケール)。

こうやって見るとかなりうまく雰囲気を捉えていることがわかりますが、これでホイールが「実車同様のデザインであれば」かなりのレベルだと言って良さそう(コストを考えるとこれが限界だとは理解している)。

22SS ルイヴィトン プティット·マル デニム レザー M59717
型番:M59717
カラー:デニムブルー
素材:ジャカード織りのジャガードデニム
サイズ:20 x 12.5 x 5 cm

製品仕様:
トリミング:カーフレザー
ライニング:ジャカード織りのデニム?テキスタイル
金具(色:ゴールド)
マグネット開閉式
Sロック
内フラットポケット
ストラップ:取り外し可能, 調整可能
スーパーコピー 代引き

マクラーレン720Sはややディティールが甘い
こちらはマクラーレン720S。

フェラーリ488GTBに比較するとややディティールがユルいように思われますが、マクラーレン720S(実車)はエアロダイナミクスを重視した構造を持つということもあって「隙間」が多く、しかしトミカのように鋳造で製造する場合はこれを再現するのは非常に困難。

L1210792
鋳造であっても別体パーツを装着すれば再現度が高くなるものの、トミカの性格(ディスプレイモデルではない)や価格(450円)を考慮すると、壊れやすいパーツを装着したり製造・組み立てコストを増加させるわけにもゆかず、これは致し方ない部分。

L1210785
実際のところトミカは制限の中でもかなり頑張っている方だと考えていて、なんとか「隙間」を実現しようとする努力も見て取ることができ、マクラーレン特有の「空気の流れが目に見えるような」デザインもしっかり再現されています。

L1210788
ランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレンを並べてみた
こちらがランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ、フェラーリ488GTB、マクラーレン720Sを並べてみた図。

いずれもミドシップというパッケージングを持ちますが、こうやって見るとけっこうな相違があることがわかり、ウラカンはフロントウインドウの位置が前にあってルーフが長いことがわかります。

加えて「面」が強調され(とくにフロントウインドウ)、Cピラーからエアをガバっと取り入れるレイアウトを持っていることがわかります。

L1210793
そして右端のマクラーレン720Sですが、ウラカンとは反対に「丸い」デザインを持ち、張り出しが少ないことがわかります。

フロントの左右もラウンドしていて、キャビンは完全なティアドロップ、そして出っ張ったエアインテークはナシ。

これを見るに、マクラーレン720Sは相当に空気抵抗が少なそうでもあり、かなり効率が高いんだろうなと思わせます。

面白いのは、フェラーリからは両者の中間といった印象を受けることで、まさに「三者三様」。

今回ぼくがこの3台を並べてみたかったのは、こういった違いを見たかったわけですね。

エルメスのボウタイは「何かに使う」

そして最後はエルメスのボウタイ(パピヨン)。

スーパーコピー 代引き

これはエルメスのスカーフを使用して作られたものですが、同じ柄を持つものはふたつとない、というシロモノ。


ただしサイズは普通のボウタイよりも小さく、実際に着用するのはちょっと見た目的に難しいかも(物理的に着用するのは可能)。

よって加工してキーホルダーとして使用したいと考えていますが、「ブルー」を選んだのは、納車待ちのウラカンのボディカラーと合わせたため。


猫さんの首輪にちょうどいいサイズかもしれません。

知らなきゃヤバイ。今、プレゼントには腕時計が最適な5つの理由。

知らなきゃヤバイ。今、プレゼントには腕時計が最適な5つの理由。

「はじめまして。私自身は時計は全くの初心者で右も左も分からないのですが、主人の誕生日に時計を送りたく、アドバイスいただけると幸いです。」

ロレックス コピー 国内 発送このようなご相談を頂いて、私はイチ時計好きとして嬉しかったですし、何より旦那様を想う気持ちに感動しました。

よくよく話を聞いていくと、旦那様は「スーツでオフィス勤務をする30代、比較的カジュアルな内勤が中心だが、たまに営業先に赴くこともあり。今までいわゆる高級時計を持ったことはなく、使っている時計は全て過去に相談者様がプレゼントされたもの。最近管理職に昇進したので、少し良いものを贈りたい。」とのことでした。

持っている時計は全て奥様の贈り物というのがとても素敵でグッときますね。

その後、ご予算や旦那様の体型、休日の過ごし方や好きな系統のファッションなど詳しくお話を伺い、様々な時計を提案させていただいたのですが、最終的にグランドセイコーの時計をご購入されました。

相談者様にもとてもご満足いただき、私自身もなんだかほっこりとした次第です。

さて、2021年もあと少し。

クリスマスや年末年始も近づき、大切な人へ何かプレゼントを買いたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「今、プレゼントには腕時計が最適な5つの理由」について書かせて頂こうと思います。

今、プレゼントには腕時計が最適な5つの理由

スーパーコピー n級 代引き

さて、大切な人に何かプレゼントを贈りたいと考えたときに、まず初めに悩むことは「一体何を贈れば良いのだろう?」ということだと思います。

選択肢はまさに星の数ほどありますが、私がおすすめしたいのはやはり腕時計です。

「え?腕時計?スマホとパソコンでどこでも正確な時間がわかるのになんで今更腕時計?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

ごもっともです。私もかつてはそう思っていました。

実際にとある調査では、日本人の半分以上がもはや腕時計をしていない時代なのです。
詳しくはコチラの記事→【日本人の5割以上が時計をしない?】機械式時計を持つと起こるかもしれない3つのイイこと

しかしそれでも私は以下の5つの理由から腕時計が最適だと思い、皆さんにおすすめしたいのです。

1. 腕時計の寿命は極めて長い
2. ビジネスツールとしても優秀
3. 保管場所に困らない
4. メッセージを乗せやすい
5. 万が一の時には身を守ってくれる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 腕時計の寿命は極めて長い

まず、腕時計の寿命は極めて長いということが挙げられます。

腕時計は基本的に金属で出来ているため、その他の革製品や布製品に比べると、耐久性の面で圧倒的に優れています。

1万円程度の時計でも10年20年と使える時計は珍しくありませんし、さらに高級時計となれば、それこそ子供や孫の世代まで受け継ぐことができるものもあります。

大量生産・大量消費のこの時代でも、長く使えるものを贈りたい。その人と人生を共に歩むものを贈りたい。そんな観点から考えれば、腕時計はまさに最適解でしょう。

2. ビジネスツールとしても優秀

腕時計は携帯性に優れるため、いつでもどこでも着けていくことができます。

この点はネックレスやブレスレットなど他のアクセサリーと同様ですが、ビジネスシーンでも違和感なく着けることができるのは腕時計と結婚指輪くらいでしょうか。

日本人の大半はその時間の多くを仕事に費やすことでしょう。

つまりビジネスシーンで使えるアイテムというのは、それだけ長く使えるアイテムということになります。

さらに、腕時計は会話の糸口としても有効です。

これは私の体感なのですが、腕時計好きの方は会社でもある程度の役職に就かれている方が多い印象です。ファッション好きだったり、車などメカニカルな物が好きという方も多いです。

腕時計は滅多に気づかれることがないので、話を振ってもらえると腕時計好きは喜びます(私だけでしょうか(笑))。

つまり腕時計はビジネスチャンスを広げる可能性を大きく秘めているツールなのです。

3. 保管場所に困らない

せっかく頂いた贈り物でも、大きく場所を取るものだとしたら収納に困ってしまいますよね。

その点、腕時計は小さいので保管場所に困らないというのも、長く使ってもらう上で地味に重要なポイントだと思います。

4. メッセージを乗せやすい

時計は歴史が長くブランドの歴史やメーカーのこだわりなど、バックストーリーが豊富な点も見逃せないポイントです。参考記事はコチラ→突出したコンセプトを持つ時計ブランド4選

やはりプレゼントを贈るときには、何かメッセージ性があると喜ばれますよね。

その点、腕時計は背景が充実しているものが多いので、メッセージを乗せやすいと思います。

そしてなぜその時計を選んだのか?その理由も簡単に添えて贈ると、貰い手も「自分のことを考えて選んでくれた」と、喜びも倍増することでしょう。

5. 万が一の時には身を守ってくれる

最後に、腕時計は万が一の時には身を守ってくれるということです。

これはどういうことかというと、腕時計のリセールバリューは比較的高いということです。

例えば車であれば、10年も乗れば売却時にはほとんど値が付かなくなると思います。ガジェット類も同様でしょう。その他、衣類関係もやはり使用感や寿命、サイズなどの観点からなかなか値が付きにくいと思います。

一方腕時計であれば、その安定した需要と流動性から意外に値が高くつくことが多くあります。

ロレックスをはじめとする人気時計であれば、購入金額よりも高値で売れることもあるほどです。

売るつもりは無くても、いざという時にある程度の金額で売ることができるというのは、一つの安心材料になるのではないでしょうか。

しかも今、世界的に高級時計の人気が高まり、定価も二次市場価格もどんどんと高騰しています。逆に言えば、今が最安値の可能性も高いということです。そう考えれば、今が買い時と言えるのかもしれません。

実際にちょうど一年前、【今が最安値かも】初めての高級腕時計は早めに買った方が良い3つの理由【経済・資産・心理の面から考察】という記事を書かせていただいたのですが、あれから高級時計はさらに値を上げており、あの時買っておけばよかった……。という時計も多くあります。

時計をプレゼントにするデメリットは?

さて、ここまで褒めちぎってきた腕時計の良さなのですが、果たしてデメリットはあるのかどうか?気になるところだと思います。

強いて挙げるとするならば、「維持費が掛かる」という点でしょうか。

一般的に高級機械式時計であれば、3〜5年の周期でオーバーホールという機械の分解洗浄が必要になり、数万円〜数十万円かかることもあります(故に長く使うことができるのです)。

比較的安い機械式時計であれば少額で済むこともありますし、クォーツ式時計であればほとんどの場合電池の交換で済むので数千円程度でしょう。

したがって、プレゼントとして腕時計を購入する際にはお互いにとって無理のない範囲での購入をお勧めします(「維持費をキープできるくらいお仕事がんばってね」というメッセージを乗せるのもありかもしれません(笑))

世界初のメンズ腕時計! カルティエのサントスが素敵すぎる!

世界初のメンズ腕時計!カルティエスーパーコピーブランドのサントスが素敵すぎる!

今回は、ちょっとお久しぶり、「世界初の紳士用腕時計」として世に送り出されたことでも有名なカルティエのサントスシリーズです。

1904年にルイ・カルティエが友人であるブラジル人の飛行家アルベルト・サントス-デュモンのために、操縦桿から手を離さずに時間を確認できる時計を制作したことからその歴史は始まりました。

伊達男だったサントス-デュモンのためにルイ・カルティエが苦労して完成した時計は、ファッショナブルでべゼルのビスが特徴的な美しい金時計だったそうです。

象徴的なスクエア型のダイアルにローマ数字、そしてベゼルにビスの頭がついたデザインは誕生から100年以上経った今も時計愛好家にのみならず、普遍的な人気を誇っていますね。
スーパーコピー n級 代引き

こちらは「サントス ドゥ カルティエ」LMサイズ(WSSA0018)。ムーブメントには自社製自動巻きキャリバー1847MCを搭載しています。

イルミネーションをバックに冬が近付いてきていることを感じさせるショットですね。

こちらは「サントス ガルベ」。GALBEEとはフランス語で“曲線”を意味します。

「サントス」をもとにケースに丸みを持たせ、グラフィカルなビスモチーフをあしらったモデルです。マットとポリッシュの仕上げ部分のコントラストでメリハリがついて見えるデザインがよいですよね。

こちらは2019年に発表されたブルーダイヤルの「サントス ドゥ カルティエ」でしょうか。

グラデーションのかかったシックな色の文字盤がとても美しいです! 袖口のシャツとも色が合っていますね。

影の具合が絶妙なショットです! こちらは「サントス100」のMMサイズとお見受けします。

ピンクゴールドはギラギラしすぎない感じで華やかになるところが素敵ですね。ボルドーのストラップ、ジャケットの色合いから秋を感じます。

こちらも「サントス ドゥ カルティエ」。こちらは「クイックスイッチ」と呼ばれる、特別な工具が必要なく、ワンタッチでベルトが交換できるカルティエの特許技術が搭載されたモデル。

このシステムは便利ですよね。ブレスレットと、レザーベルトが自在に付け替えられるとコーディネートの幅が広がりますね!

ブルーとブラウンのアリゲーター、どちらもこれからの季節に活躍してくれそうなお色味でとても良いです。

また次回も素敵な投稿をご紹介したいと思います。

【関連記事】:https://forzastyle.com/articles/-/65650?page=2

BGM : Eagleheart / Stratovarius

【サブマリーナー、デイデイト、GMTマスター…】ロレックスのあの大人気モデル、名前の由来は?

【サブマリーナー、デイデイト、GMTマスター…】ロレックスコピー 代引きのあの大人気モデル、名前の由来は?

男の品格を左右する重要な小物、それは腕時計。どのブランドのどんなデザインの腕時計を身につけるかで、その人の世界観や美意識、生き様が垣間見えてきます。一方女性は、男性の腕時計をどう捉えているか。内心、どのような腕時計を身につけて欲しいと考えているのか?「ロック福田の腕時計魂!」「腕時計羅針盤」など腕時計コンテンツが大充実のFORZA STYLEが、大人の男の時計選びをアドバイスしていきます。
王道中の王道ROLEX。日本一、いや世界一知名度が高いロレックスですが、みなさんはロレックスのこと、ちゃんとご存知ですか? なんとなくカッコイイから、資産価値が高いからと言って選ぶのはもったいない。なぜなら大人の男性にとっては身に着ける腕時計はご自身のステイタスとも直結します。

前回に引き続き意外と知らない? ロレックスのモデル名の由来その②です。

各モデルが誕生した年順に見ていきましょう。

1953年:サブマリーナー
スーパーコピー n級 代引き
防水ケース(防水:当時は100M)、回転ベゼル、ねじ込み式リューズを搭載したサブマリーナーといえば、あらゆるダイバーズウォッチのお手本にされてきた「祖」の時計ですね。名前は「潜水艦」を意味します。

誕生から50年以上経った今でも、ブラックダイヤル、夜光塗料が塗られた針、回転ベゼル、腕によく馴染むステンレス製のブレスレットと完成されたそのデザインは踏襲され続けています。時計界一のロングセラーモデルと言えるでしょう。

そして現在ではサブマリーナーには姉妹たちがいます。

長女がサブマリーナーとすれば、次女は「サブマリーナー」の上位モデルである「シードゥエラー」ですね。そして、末っ子は「ディープシー」。2008年に誕生し、防水性能はなんと3900mです!!

1955年:GMTマスター


ロレックスが初めてGMT機構付きの時計を発表したのが1955年(Ref.6542)。パン・アメリカン航空の公式時計として採用された逸話を持ちます。両方向回転の24時間目盛り入りベゼルと24時間針を備え、2つの異なるタイムゾーンを表示するユニークな機能が、国際線パイロットたちを中心に人気を博しました。

その後様々なデザイン変更を経て、1982年には初代GMTマスターⅡ(Ref.16760)が発表され現在のGMTマスターⅡへと続いています。

ちなみにGMTとはグリニッジ標準時(平均時)「Greenwich mean time」のこと。 イギリスにあるグリニッジ天文台(経緯0度)での地方平均時(平均太陽が南中する時を正午とする)のことで、天文観測(地球の自転)によって決められる時刻です。


1956年:デイデイト
名前の由来はシンプルにDAY(日付)+DATE(曜日)。「デイトジャスト」に曜日表示が追加されたのがデイデイトです。曜日が短縮された表記(月曜日はMONなど)は他でも見られるものの、フルスペルの表示は世界初の機構でした。この表示のためにデイデイトには26種類ものディスクが用意されています。

プレジデントブレスと呼ばれる由来は、米国大統領であるアイゼン・ハワー氏にデイデイトが贈られたことがきっかけとされています。

*正確にはロレックスからはデイトジャストを贈呈したそうで、その後にデイデイトが発表されたためデイデイトが贈呈されたということになりデイデイト=大統領(President)ウォッチ=プレジデントブレスへと由来されることとなったそうです。

「デイデイト」は「ロレックスの最上位モデル」
現行モデルで、プラチナ、イエローゴールド、エバーローズゴールド、ホワイトゴールドのみのブレスレットモデルは唯一デイデイトのみです。

デイデイトに装着されているのは専用のプレジデントブレスレット(デイトジャストの一部のモデルにも装着)。クラスプがコンシールドタイプ(繋ぎ目がない)となっています。


【関連記事】:https://www.kame-kichi.com/

BGM : Man On A Mission / Gamma Ray

男の憧れ! フランク ミュラーがやっぱりカッコ良すぎる!

男の憧れ! フランク・ミュラー コピーがやっぱりカッコ良すぎる!

スーパーコピー n級 代引き

今回ご紹介するのは皆さんもよくご存じ、「フランク ミュラー」。

独特のデザインに目がいきがちなのですが、「時の哲学者」と言われるだけあってそれぞれのモデルに、とてもロマンティックな背景があるのですよね。

超複雑機構の名手と言われ、レトログラード機構やトゥールビヨン、そしてクレイジー アワーズなどが有名ですよね。

スーパーコピー n級 代引き

こちらは「カサブランカ」。カサブランカはフランクミュラーが創立された1994年に発表されたコレクション。

当時、フランクミュラー唯一のステンレススティールを採用したモデルとして大きな話題になりました。モロッコの都市「カサブランカ」や映画「カサブランカ」からインスピレーションを得て作り込まれた美しいデザインです。

このショットはカフリンクスと雰囲気があっていて、とても素敵ですよね。

スーパーコピー n級 代引き

こちらはフランク ミュラー第二のケースと言われる「ロングアイランド」ですね。2000年に発表されたモデルです。

ロングアイランド島に向かう懸け橋をモチーフにしているんですよね。こちらのお写真のようにガルーシャのベルトと合わせて着けるのも素敵ですね!

次にご紹介するのはkumamon001969さんの投稿。

こちらは2005年にロングアイランドから派生した、フランクミュラーの人気シリーズ「マスタースクエア」ですね。

ロングアイランドと同じく、アールデコ様式を取り入れた曲面四角形のケースはシンプルながら大胆な印象。また、放射状にデザインされた独特なローマ字のインデックスがとてもエレガントです。「ベルルッティ」のベルトとも相性抜群ですね。

次にご紹介するのはogakijinさんの投稿。

こちらはフランク ミュラーのアイコン、「トノウ カーベックス」ですね。

ケースの縦・横・斜めの全てが曲面でできています。まるで球体から切り出したようなデザインが美しいです。お召しになっている幾何学模様のコーデュロイシャツの腕元ととても雰囲気があっていますよね。

最後にご紹介するのはxjapan_watchさんの投稿。

こちらは「コンキスタドール」、クロノグラフを搭載したモデルです。大きさはキングサイズでしょうか。

コンキスタドールが発表されたのは1994年で、当時の定番となっていたトノーカーベックスをよりスポーティーなデザインにしたものです。「ステップをつけた2重構造のベゼルが加えられ、スポーティーなダイアルとしなやかな曲線との調和が魅力的です。「コンキスタドール」とはスペイン語で“征服者”の意味なんですね。

今回は「フランク ミュラー」の腕時計達をご紹介しましたが、いかがでしたか?

また次回も素敵な投稿をご紹介したいと思います。

【関連記事】:https://www.aimacopys.com/

BGM : 初音ミクの消失 / cosMo

真実はひとつではない!? ロレックスの名前の秘密

真実はひとつではない!? ロレックス 代引きの名前の秘密

スーパーコピー n級 代引き

男の品格を左右する重要な小物、それは腕時計。どのブランドのどんなデザインの腕時計を身につけるかで、その人の世界観や美意識、生き様が垣間見えてきます。一方女性は、男性の腕時計をどう捉えているか。内心、どのような腕時計を身につけて欲しいと考えているのか?「ロック福田の腕時計魂!」「腕時計羅針盤」など腕時計コンテンツが大充実のFORZA STYLEが、大人の男の時計選びをアドバイスしていきます。
王道中の王道ROLEX。日本一、いや世界一知名度が高いロレックスですが、みなさんはロレックスのこと、ちゃんとご存知ですか?

なんとなくカッコイイから、資産価値が高いからと言って選ぶのはもったいない。なぜなら大人の男性にとっては身に着ける腕時計はご自身のステイタスとも直結します。

今回お話しするのは、ロレックスの名前の由来について。

その抜群の人気や知名度とはうらはらに、実態が謎のベールで包まれたミステリアスなブランドということがファンの心をくすぐります。

ブランド名もその謎のうちの一つで、由来は公にされてはいません。


Wikipediaより

創業は1905年、イギリス。ドイツ人のハンス・ウイルスドルフが義弟のアルフレッド・ジェイムズ・デイビスとともにウイルスドルフ&デイビスという時計商社を設立したことに端を発します。

ウイルスドルフは「ロレックス」の商標を登録し、その後スイスのラ・ショー・ド・フォンに拠を移し、1915年、「ロレックス・ウォッチ・カンパニー」に社名を変更しました。

名称変更の理由は、ウイルスドルフがドイツ語であったため。第一次世界大戦の影響でイギリスへの輸出を考慮してのことであったといいます。

ちなみにこの「ロレックス―ROLEX―」。社名となる以前にも商標として登録がされましたが、ウイルスドルフによる造語です。

ロレックスという名前の由来について説は多数あるのですが、どれもウイルスドルフ自身が明言したものではなく、いまだ真実は明かされていないのですが……。

・フランス語の“horlogerie exquise(卓越した時計製造技術)”に由来する言葉遊びの一種であるというもの。

・英語の自動巻き機構のRoll(ロール)とExcellent(エクセレント)を掛け合わせているというもの。

・もうひとつが、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語・・・どこの言葉でも発音しやすくなじみやすいものにしたいという狙いがあったというもの。

全く新しい響きと全世界で発音できる造語でアメリカに本拠地を置く世界最大の写真フィルムメーカーKODAK「コダック(イーストマン・コダック・カンパニー)」が成功を収めたのに倣ったという説ですね。

いずれにせよこれだけ世界中で「ロレックス」が普及していることを鑑みると、まさにウイルスドルフの狙い通りになったと言えますね。

【関連記事】:https://www.sitetokei.com/

BGM : Pinball Map / In Flames

ページ移動